FC2ブログ

近所のオオタカの危機

先月、3月下旬に撮影した近所を飛びまわるオオタカです。
DSC_2079.jpg
D7000 & AF-S DX55-300VR

IMGP1609.jpg
K-30 & sigma50-500

IMGP0662.jpg
K-30 & sigma50-500

うちの近所にはオオタカが出現し飛翔してることは今回ふくめ当ブログでは今までにも何度か書いてきました。
こんなこと書くとオオタカ目当ての野鳥カメラマンが集まってきてしまうと思って書くのはひかえてましたが、
じつはここでは毎年オオタカが営巣してます。営巣しているということを今回書いたのは先月この場所である出来事があったためです。
IMGP1079.jpg
K-30 & sigma50-500

IMGP1074.jpg
K-30 & sigma50-500

今回のせた画像ではここを知らない人には場所も特定できないとは思うのですが、
以前、当ブログを始めたばかりのころに他の場所のオオタカやチュウヒやチョゲンボウなどの記事をのせたところ、
真岡に住むブログ荒らし常習犯の某人物にうっとうしいコメントをしつこく書き込まれてました。その人物のコメントは、

「場所が特定できるような画像のせるな。撮りたい気持ちを抑えろ、その場所に行くのをひかえろ。行動を改めないならお前のやってることを報告せざるをえない」

言いたいことはわからなくもない。しかし、渡良瀬遊水地みたいな誰でも知ってるようなとこは例外ですが、当ブログでは今回もその当時も場所を特定されてはまずい場所について、その場所を特定出来るような画像はのせてないし、逆にその画像見ただけで場所特定出来るような人はこのブログの画像なんて見なくてもその場所のことはすでに知ってます。

今回の画像にしても、この場所を知らない人がこの画像だけでこの場所を見つけることはまず無理でしょう。
ついでに言うと、「撮りたい気持ちを抑えろ、その場所に行くのをひかえろ」こんなことを他人に言ってる本人が、毎日ヒマなのをいいことに毎日のように野鳥おいかけまわしてる。
なんでこんなこと知ってるかというと、その本人はバレてないと思ってるようですが、その真岡に住むブログ荒らし常習犯の人物の本名もその人物のブログも知ってます。悪名高い人のようなので情報も入ってきます。
「行動を改めないならお前のやってることを報告せざるをえない」に関しては、どこに何を報告するのか知らないけど、勝手に報告しろ、てな感じです。


長々と話がそれてしまいました。今回のこと書いてたら当時のムカツキがちょっと甦ってしまったもので
今回の本題はこんなことではなく、この近所のオオタカ営巣地に先月3月なかごろに突然こんなものが

IMG_20150314_150347510_20150403212452401.jpg

最悪です。
この工事オオタカ営巣場所のすぐ真ん前通ります。
年度末のこんな時期というのも行政のあからさまなやりかたで腹立つし、しかもまったく無意味な工事。
もともと利用する人もほとんど皆無の道を舗装する必要性自体に疑問。そもそも、もともとこれ道だったのか?というような場所で車が安全に通れるような幅もありません。
今まで舗装されてなかったから利用されてなかったというわけでもなく、ここの道がある必要性自体もありません。なにせすぐこの横に平行してすでに道がありますので。

年度末が近づくと予算使い切るためのムダな工事があちこちで行われるのは何年たっても何十年たってもまったく改善されませんね。
以前書いたこのブログの記事
http://blackkite2010.blog10.fc2.com/blog-entry-67.html
この時も年度末ちかくに突然始まりしかも工事の告知の看板もなかったのでじつはこの時は県の担当部署に問い合わせの電話しました。
そのときのむこうの対応もうやむやではっきりしなくて最初は「うちでやってる工事かもしれないし違うかもしれない。はっきりとはわからない」
とかふざけた答えが返ってきました。
「わからないってどういうことですか?じゃあ土建業者が勝手に無許可で川を重機でひっかきまわしたとしてもそちらでは何もわからない把握も出来ないってこと?」
と聞いたら2回くらい電話の相手がかわって最後のひとがやっと「確かにうちで行ってる工事です」と。
「この中州は春から夏にここで多くの野鳥が卵うんで子育てする場所なんですが、これなんのための工事なんですか?」
と聞いたら、水の流れを良くするための中洲撤去工事だとのこと。
「この中州は何年も前からあったものだし、中洲があるために流れが悪くなってるようにはとても思えないし、流れがここでたまってるということもまったくないし今まで見たこともない。それに水の流れが弱くなってるというなら、この上流にいくつも堰や水門があってそれによってすでに弱くなってる」
とこちらが言うと、
「この工事をやめてほしいってことですよね? この工事このまま続行するとなったらどうするつもりですか?」
と開き直ったような態度で返されました。

また別の件では、
http://blackkite2010.blog10.fc2.com/blog-entry-57.html
このオオタカ若鳥とカワセミがよくとまってた木とそのまわりの木は伐採されてしまって今はありません。
この木の下は木の枝に覆われる水辺の草場になっていてカイツブリが子育ての場にもしてました。
木を伐採したのは県とか市ではなく、木があった場所に隣接する家の住人が伐採しました。
伐採した場所がとても私有地とは思えない場所(垂直に近い崖)であり、私有地であったとしてもこんな崖の木をまとめて伐採したら崩落とか災害がおこりそうな場所だったので、この時は市の担当部署に、
「○○の場所の木が隣接する家の住民に広い範囲で伐採されてるんですが、ここって私有地ですか?それとも市とか県の公有地ですか?この伐採って違法伐採とかじゃないのですか?」
と問い合わせの電話したところ、
「私有地かどうかはわからないです。違法伐採かどうかも伐採する人が届出をださないと違法なのか許可を受けたものなのかは分かりかねます」
と、とぼけた回答が。
「違法伐採する人間が届け出をだすわけないでしょ?届け出がなければ違法伐採になりますよね。違法伐採の疑いがあると市民が報告してるのに私有地かどうかはわからないって、調べようともしないんですか?森林林野の適正な管理がそちらの部署の仕事ですよね?」
とつっこんだのですが、この時の電話の相手の担当者はまったく話にならずでした。


今回のオオタカ営巣地の工事の件も県に問い合わせ(抗議とも)しようかと思ったのですが、うえに書いたようなこともあり、どうせいち個人が行政側に言ったところで何も改善なんてされないしなあと思ってたら、
この場所で時々会うかたが、
「この場所はオオタカが毎年営巣してる場所でありこれからの時期子育てで大事な時期である」
と県の職員がこの場所に来てた時に直接言ってくれたそうです。
そのためか、あるいは別の要因のためかはよくわかりませんが工事が止まりました。
途中で工事が止まったためにかなり中途半端な状態の道になってますが。。。
それでもオオタカ営巣地の20~30mくらいの場所まで工事はせまってましたが、オオタカ夫婦はなんとか耐えてくれたようで今も健在です。

ここのオオタカは幸いなことに野鳥カメラマンにほとんど知られてないようで、ここでオオタカの営巣時期に狙いすましてやってきて三脚設置して長時間張り付いてるカメラマンもいません。
そういうカメラマンが集まってくると、無理な接近をしたり追いかけ回すようなことする人間が必ずでてきます。
そうなるとせっかく工事が止まったのに野鳥カメラマンが原因でオオタカがいなくなってしまうなんてことも。
ここでオオタカ撮ってるのは自分を含めて3人くらい。みんな近くに住んでる人たちでオオタカの営巣だけをねらって来てるような人はいません。

ここの近所の人や散歩やサイクリングでここを通る人たちの多くはここでオオタカが毎年営巣してることを知っています。
「オオタカ」という種名を知らないおばあさんとかもすれちがうときに
「あそこで今日も白いタカがミーミー鳴いてたよ」
と教えてくれたりします。地元の人たちにあたたかく見守られてるオオタカなんだなと感じます。

この近所のオオタカ、今回は工事が途中で止まりなんとか一難去った感じではありますが、この場所での生息をおびやかす事は今後も色々おこるでしょう。
ここのオオタカだけでなく他の場所のオオタカも同じような状況なんだろうと思います。オオタカだけじゃなく野生生物みんなそうですね。
人間にとっての「利便性向上のため~」なんて名目のためだけにオオタカや様々な野生生物の生息環境を奪うのは、もうこれだけ利便性向上してる現在これ以上やる必要があるのか疑問に感じます。

IMGP1077.jpg
K-30 & sigma50-500

IMGP1359.jpg
K-30 & sigma50-500




関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

black kite

Author:black kite
2010年からデジカメで写真撮影(ほとんど野鳥)はじめました。
主に栃木県内で撮ってます。

<< 使用カメラ >>
Nikon D7000 D500
Panasonic LUMIX GX7MK2

各記事の画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます

最新記事
タグ

野鳥(猛禽以外) 
宇都宮 
水辺の鳥 
山・川・海・寺社仏閣などの風景 
トビ 
 
カワセミ 
近所のトンビ 
オオタカ 
井頭公園 
渡良瀬遊水地 
チョウゲンボウ 
チュウヒ 
ノスリ 
カルガモ 
乗り物(車・鉄道・船舶など) 
ミサゴ 
航空機 
モズ 
カルガモ親子 
コミミズク 
ハヤブサ 
ジョウビタキ 
ベランダ 
セキレイ類 
ハイタカ 
野生動物(哺乳類) 
ツミ 
ハイイロチュウヒ 
スズメ 
オオルリ 
オオワシ 
その他 
カラス 
自然破壊・環境破壊問題 
サシバ 
ルリビタキ 
ササゴイ 
シジュウカラ 
エナガ 
キビタキ 
クマタカ 
シギ・チドリ類 
ハクチョウ 
サギ類 
カメラ関連機材など 
カイツブリ 
ツグミ 
オジロワシ 
 
コアジサシ 
コガモ 
シロハラ 
ヒドリガモ 
コサメビタキ 
ツバメ 
マガモ 
ヤマガラ 
ミコアイサ 
オナガガモ 
アカゲラ 
メジロ・ウグイス 
コウノトリ 
ニシオジロビタキ 
ベニマシコ 
ゴイサギ 
ビンズイ 
ミヤマホオジロ 
昆虫 
エゾビタキ 
タゲリ 
カワラヒワ 
ガビチョウ 
トラツグミ 
オオバン 
イヌワシ 
アカハラ 
アトリ 
カワガラス 
キジ 

フリーエリア
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スマホ用ブログ QRコード
QR