FC2ブログ

アカゲラ  リス

アカゲラです

**画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます**

DSC_5821.jpg


DSC_5815.jpg



少しはなれた茂みからガサゴソガサゴソと音がするので「何だろ?」と思ったら
リスが飛び出してきて走り去っていきました。
DSC_5853.jpg

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

野生ツキノワグマ親子のその後

昨日のブログ記事で書いた高原山にある放牧場の飼料タンクに入り込んでしまい閉じ込められた
ツキノワグマ親子ですが、その後 救出作業が行われたようです。



思ってたよりも大掛かりな救出作業になったようでして、正直言ってここまでやってくれるとは思ってませんでした。
塩谷町役場の方々と作業に関わった方々、本当にがんばってくれました。
子グマ2頭は無事救出され山に帰っていきました。親グマは残念ながらタンク内ですでに息絶えてしまってたそうです。
親グマは残念なことになってしまいましたが、財政面でそんなに恵まれてるとは思えない山間部の小さな町の塩谷町が
ここまでやってくれただけでもじゅうぶんです。
他の市町村だったら子グマだろうと情容赦なく殺処分されてた可能性が高かったでしょうし。
救出された子グマ2頭はこれから高原山の自然の中でたくましく生き延びてほしいものです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

これは助けるべき、逃がしてあげるべき

ネットでニュース見てたところ栃木県のこんなニュースがありました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-00010000-soon-l09

ニュース記事見た人のコメント欄には、この場所がどんな場所かも知らずに勘違いして
「人里にでてきたクマは駆除されても仕方ない」
なんてこと言ってるのもいますが、ここは人里なんかじゃないです。
思いっきり山奥です。その山奥につくられた放牧場。
私も野鳥撮影に行く際にこの場所を何度も通ったことあります。
以前ここ通ったときにこの放牧場の道から撮った写真です↓

IMGP3287ss.jpg


こういう場所です。クマがいても当然の場所。というか、クマが生息すべき場所。
日本三百名山のひとつでもある高原山の山腹にある場所です。

ここはクマがいても当然の場所。
駆除の必要などないと思います。こんな山奥の場所ですらクマがいたら駆除なんてことになったら、
日本でクマはどこに生息したらいいの?どこにもクマの生息する場所なくなってしまうじゃん、
ってことになります。
しかも今回は小さな子クマを2頭つれた親子。
そんな親子の姿を見ても平気で駆除してしまう人間や、駆除してしまえ、という人間は
その良心を疑います私は。

「人が襲われてからじゃ遅い。人的被害が出たらどうするんだ?」
という意見もあるでしょうけど、実際、今回の記事にも書いてありますが、
今回の場所から4キロほどはなれた山林内で場所で人がクマに襲われてます。
山林内です。人里じゃありません。
こういうこと言ったら悪いですが、山の中でクマに襲われる人ってはっきりいって人間側の不注意と思います。
クマの生息地に入るのになんの対策もしないで山に入っていく。
私も野鳥撮影などで山に入る時はもろにクマの生息エリアに入ってますが、
それなりにクマ対策して山に入ってるのでクマに出くわしたこと一度もないです。
谷をはさんだ反対側の斜面にクマらしき動物が見えたことは一度だけありましたが、
谷をはさんで距離もかなりあったのでクマだとしてもその距離じゃ襲ってこないでしょうし、
襲ってきたとしてもじゅうぶん対策できるだけの距離でした。

今回の件の場所がある塩谷町は、同じ高原山地域内の山林に環境省によって
放射性物質を含んだ廃棄物の処分場の建設計画があり、それに対して町全体、官民一体で
「高原山の美しく豊かな自然を汚染するな」と反対運動が起ってます。
じつは私がオオルリを初めて見た&撮影した場所がこの建設計画地のすぐ近くだったのです。
オオルリを初めて撮影したその当時はまさかこの場所にそんなものの建設計画が立ち上がるとは
思ってもいませんでしたが。
そういったこともあり自分としてもその反対運動は応援したい気持なのですが、
だからこそなおさら、美しく豊かな自然を守りたいと言うなら、
クマたち野生生物も住めるような環境こそ本当の豊かな自然だと思うし、
人間にとって見た目だけが美しく見える自然なんてものは
自然を破壊して造られたあちこちにある”名ばかり”自然公園と変わりない。
今回の件について塩谷町には安易に駆除に走らない対応を願いたいです。



その後、ニュースの続報によると、塩谷町はクマを救出して山に返してあげる方針だそうです。
よかった! さすがだ塩谷町。

https://www.youtube.com/watch?v=rWfkunhFEqA

この動画の衰弱した親クマをいたわる子グマの姿を見たら、まともな良心を持つ人間なら
「駆除してしまえ!」なんてこと思わないでしょ。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

選挙

明日は栃木県内各地の市町で市議会議員、町議会議員の選挙の投票日であり
私が住む宇都宮市でも市議会議員選挙が行われます。
つい最近、知り合いからとある市議会議員選挙の立候補者の応援してほしい、投票してほしいとお願いされたのですが、
「その人には投票したくない」とキッパリ断りました。
なぜならその立候補者はLRT推進派だから。私はLRT計画は反対です。
LRTとは現宇都宮市長が中心になって宇都宮市がすすめてる路面電車整備計画です。

下の写真は現在ではLRTの路線開発工事が行われてしまってる場所の、まだ工事が始まってなかったころに撮った写真です。

IMGP0120_201904202029035ca.jpg

DSC_3560_20190420205554992.jpg

今では工事が始まってしまい見る影もなし


それと宇都宮ではなく他の市ですが、小山市の市議会議員選挙の立候補者名簿を見てびっくりしました。
コイツまた立候補するんですね。どんだけ厚顔無恥なんだか。
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/135943
この議員はセクハラ事件を起こして前代未聞の15回もの辞職勧告を受けてものうのうと議員を続けてるその神経の図太さにも呆れますが、
この議員はこのセクハラ事件だけでなく、自宅前の道路の拡幅工事で自宅土地の用地収用の金を受け取っておきながら
7年間も土地を明け渡さなかった詐欺のようなことを議員在職中にやっており、
さらには議員在職中に飲酒運転で事故も起こしてます。議員として以前に人としてダメだと思います。
こんなヤツが議員を続けてきたのも驚きですが、性懲りもなくまた立候補してるのがこれまた驚きです。


選挙結果を見たところ、小山のセクハラじいさん見事落選

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

近所のオオタカ、ハイタカ、ジョウビタキ、タヒバリ、イタチ、ヤマメ

年末年始の休みごろからこれまでに近所のいつもの場所で撮った野鳥と動物たちです。
今回の記事の写真すべてNikon D7000 & sigma 150-600mm DG OS HSM(C)で撮影しました。

**画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます**

ジョウビタキのオス
DSC_2037.jpg

DSC_2030.jpg



オオタカ
DSC_5328.jpg

DSC_5427.jpg

DSC_5371.jpg

DSC_5289.jpg

DSC_5271.jpg

DSC_5274.jpg



ハイタカ   、、だと思います。
上のオオタカと比べて体がほっそりしてるし、体に対して尾羽が長く見え、頭も小さいのでハイタカかと。
それにカラスと接近戦になった時、カラスよりもかなり小柄に見えました。
DSC_1819.jpg

DSC_1826.jpg

DSC_1808.jpg

DSC_1824.jpg

DSC_1877.jpg



タヒバリ
DSC_5614.jpg



イタチ
DSC_5141.jpg
イタチの後ろに見苦しいゴミが写ってしまってますが、悲しくなるほどそこらじゅうゴミだらけなのでイタチのような陸棲動物を撮ると写したくなくてもゴミが写りこんでしまいます。
思うに、ゴミの投げ捨て、不法投棄に対する罰則や罰金がヌルすぎると思う。
ゴミの投げ捨て、不法投棄なんかするような連中には破産するほどの罰金に加えて、朝から晩までゴミ拾いの
奉仕活動を一生やらせる、
これぐらいの罰を与えれば、ゴミの投げ捨て、不法投棄は少しは減り、自然環境や街が少しはキレイになるのではないかと。
DSC_5146.jpg

DSC_5155.jpg

DSC_5168.jpg



こんな魚がいました
DSC_5623.jpg
魚のことは詳しくないので、はじめはウグイとかオイカワかな?と思いましたが、wikipediaなどで調べたところヤマメっぽいです。
似てる魚でもしかしたらアマゴかも。魚に関してはまったく無知の僕にはヤマメとアマゴの写真みてもまったく見分けつきませんでした。
オオタカとハイタカの見分けよりむずかしい
上で書いたようにこの辺りゴミだらけだし、写真を見てのとおり川の水もそんなにきれいとは言えないのですが、
キレイな水の渓流、清流の魚ってイメージのヤマメとかアマゴがこんなとこにもいるもんなんですね。
それも、けっこういっぱいいました。
DSC_5633.jpg
ヤマメの中でも川を下って海に出るものはサクラマス(アマゴの場合はサツキマスらしいです)というのだそうですが、
ヤマメ(アマゴ)にしては場違いなこんなところを泳いでる彼らはもしかしたら海を目指してるのでしょうか?
関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コアジサシ、コチドリ、そしてホンドキツネ

2015年4月27日宇都宮市内にて撮影分です。
この日はとても暑かったです。宇都宮は気温30℃超えました。
ちなみに同じ月の4月8日は宇都宮では雪が降りました。
同じ一ヶ月のあいだに雪が降り、そして30℃超して、いったいどうなってるのでしょうか?


コアジサシ
IMGP9929.jpg
K-30 & sigma50-500

DSC_3671.jpg
D7000 & AF-S DX55-300VR

DSC_3675.jpg
D7000 & AF-S DX55-300VR
この1羽はなんか足に違和感が、

DSC_3560.jpg
D7000 & AF-S DX55-300VR
足環を付けてたようです。しかしこの足環は大きすぎてちょっとかわいそうな気がします。
着地した時の衝撃で痛み感じたりしないのかな?

DSC_3565.jpg
D7000 & AF-S DX55-300VR



コチドリ
IMGP0047.jpg
K-30 & sigma50-500

IMGP0036.jpg
K-30 & sigma50-500

IMGP0168.jpg
K-30 & sigma50-500
このコチドリちょっとはなれた場所からずっとこっちを見てるんですよね。
なんとなく心配そうな表情にも見えて、もしかしてうっかり巣か卵を踏んでしまったかなと心配になってしまいました。
この時期、川原を歩く時はコチドリの巣があるので注意しないと。



コアジサシやコチドリをD7000とK-30の二刀流で撮ってると、、、
IMGP0094.jpg
K-30 & sigma50-500
ん????

IMGP0098.jpg
K-30 & sigma50-500
キツネ!!

IMGP0104.jpg
K-30 & sigma50-500
川を渡る気のようです。

IMGP0111.jpg
K-30 & sigma50-500
と思ったら、引き返して来ました。

IMGP0120.jpg
K-30 & sigma50-500

IMGP0121.jpg
K-30 & sigma50-500

IMGP0129.jpg
K-30 & sigma50-500
同じイヌ科の動物だけあってこういう習性は犬と同じみたいです。

IMGP0123.jpg
K-30 & sigma50-500

宇都宮でも北西部の山林のある辺りならキツネもいるのでしょうが、市内の平野部でキツネに遭遇できるとは思いませんでした。
こんなとこにキツネがいるとは感激です。
関連記事

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

紅葉 高原山山麓、塩原

紅葉を見に高原山山麓、塩原方面に行ってきました。

まず高原山方面から入り宮川渓谷です。
DSC_9858.jpg
D7000 & SIGMA 18-250 DC MACRO OS HSM

DSC_9862.jpg
D7000 & SIGMA 18-250 DC MACRO OS HSM

DSC_9869.jpg
D7000 & SIGMA 18-250 DC MACRO OS HSM


八方ヶ原
 スッカン沢の谷、、だと思います。天気があまり良くなかったので色のりイマイチ
DSC_9880.jpg
D7000 & SIGMA 18-250 DC MACRO OS HSM


塩原までおりてきました。
DSC_9899.jpg
D7000 & SIGMA 18-250 DC MACRO OS HSM

同じ場所をK-30で
IMGP5204_K-2.jpg
K-30 & TAMRON 18-250(A18)

崖の上に建つ大きな建物はホテルかと思ってましたが、うちに帰ってから地図で調べたら病院でした。
こんな場所にすごい巨大病院ですね。
DSC_9901.jpg
D7000 & SIGMA 18-250 DC MACRO OS HSM

DSC_9906.jpg
D7000 & SIGMA 18-250 DC MACRO OS HSM

↑と同じ場所をK-30で
IMGP5212_20141103204810da1.jpg
K-30 & TAMRON 18-250(A18)

IMGP5214.jpg
K-30 & TAMRON 18-250(A18)


塩原の天皇の間記念公園。 ここの紅葉はきれいでした。
DSC_9967.jpg
D7000 & SIGMA 18-250 DC MACRO OS HSM

DSC_0018.jpg
D7000 & SIGMA 18-250 DC MACRO OS HSM

DSC_9964.jpg
D7000 & SIGMA 18-250 DC MACRO OS HSM

DSC_9968.jpg
D7000 & SIGMA 18-250 DC MACRO OS HSM


天皇の間記念公園の駐車場わきに野生のサルがいました。
こういう時は18-250みたいな高倍率便利ズームレンズは便利。
サルの近くを走る車に乗ってる人もサルに気付いてスマホでサル撮ってます。
DSC_9937.jpg
D7000 & SIGMA 18-250 DC MACRO OS HSM

DSC_9944.jpg
D7000 & SIGMA 18-250 DC MACRO OS HSM

DSC_9959.jpg
D7000 & SIGMA 18-250 DC MACRO OS HSM
関連記事

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

ニホンシカ

2013年7月14日撮影分です。

日光の森の中でシカに出会いました。

DSC_9332.jpg
D7000 & AF-S DX55-300 で撮影



IMGP8337.jpg
こちらはK-30 & Sigma50-500で撮影。
K-30のほうはうっかりカスタムイメージの設定をリバーサルフィルムにしたまま撮ってしまったためにけっこう極端な色合いになってしまった感がありますが、これはこれでまあアリかなと自分では思ったり。
関連記事

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

クマタカ  リス

かなり更新が滞ってしまいました。
11月24日撮影分です。

この日行った場所は、
「ここならクマタカいるだろう!」
と見込みをつけ、これまで通うこと5回。
しかし今までなにも収穫がなく、そろそろ自分の野鳥探しの勘というか読みに自信がなくなってきてたころ。


林の中でリスを見つけました。
IMGP2995.jpg
地面をはねるように走り回り、木に飛びついたと思えば自由自在に登り降り。
3次元空間フル活用の縦横無尽な動きです。



上空にクマタカ飛来
IMGP3024_1.jpg
かなりトリミングしてもこの大きさと写り。
100メートルどころじゃなくとんでもなく距離がありファインダーで見えるクマタカも小さすぎてAFがなかなか反応してくれないほど。
写真としては残念な感じですが、クマタカ見れて大喜びの1日でした。






関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

black kite

Author:black kite
2010年からデジカメで写真撮影(ほとんど野鳥)はじめました。
主に栃木県内で撮ってます。

<< 使用カメラ >>
Nikon D7000 D500
Panasonic LUMIX GX7MK2

各記事の画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます

最新記事
タグ

野鳥(猛禽以外) 
宇都宮 
水辺の鳥 
山・川・海・寺社仏閣などの風景 
トビ 
 
カワセミ 
近所のトンビ 
オオタカ 
井頭公園 
渡良瀬遊水地 
チョウゲンボウ 
チュウヒ 
ノスリ 
カルガモ 
乗り物(車・鉄道・船舶など) 
ミサゴ 
航空機 
モズ 
カルガモ親子 
コミミズク 
ハヤブサ 
ジョウビタキ 
ベランダ 
セキレイ類 
ハイタカ 
野生動物(哺乳類) 
ツミ 
ハイイロチュウヒ 
スズメ 
オオルリ 
オオワシ 
その他 
カラス 
自然破壊・環境破壊問題 
サシバ 
ルリビタキ 
ササゴイ 
シジュウカラ 
エナガ 
キビタキ 
クマタカ 
シギ・チドリ類 
ハクチョウ 
サギ類 
カメラ関連機材など 
カイツブリ 
ツグミ 
オジロワシ 
 
コアジサシ 
コガモ 
シロハラ 
ヒドリガモ 
コサメビタキ 
ツバメ 
マガモ 
ヤマガラ 
ミコアイサ 
オナガガモ 
アカゲラ 
メジロ・ウグイス 
コウノトリ 
ニシオジロビタキ 
ベニマシコ 
ゴイサギ 
ビンズイ 
ミヤマホオジロ 
昆虫 
エゾビタキ 
タゲリ 
カワラヒワ 
ガビチョウ 
トラツグミ 
オオバン 
イヌワシ 
アカハラ 
アトリ 
カワガラス 
キジ 

フリーエリア
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スマホ用ブログ QRコード
QR