FC2ブログ

対岸の火事を防ぎたい

最近ニュース等でも大きな問題としてとりあげられてるアマゾンの火災。
大変な事態、取り返しのつかないことになってると思います。
NASAが公開したアマゾン火災を衛星軌道上から撮影した写真を見て衝撃を受けました。
ブラジルのあのクレイジーな大統領には鎮火する能力はないと思う。
それどころか鎮火する気もなかったのでしょう。
でも国内からも国外からも批判の声が大きくなってしまったので仕方なしに鎮火に向けての行動を
開始したようですが、あくまでもパフォーマンスでしょうね批判の声に対しての。

アマゾン火災についての話題をネットで見ていると、著名人がアマゾン火災についてSNSなどで
載せてる写真は今回のアマゾン火災のものではない等とどうでもいい細かいツッコミ入れて批判してる輩や、
アマゾン火災報道は気候変動のための扇動に利用された偽りに満ちているものだ、
とか言ってるサイトとかありますが、今アマゾンで大規模な火災が起きてるのは変えようのない事実でしょ?
「扇動だ」とか「偽りの報道だ」とか言ってる連中は、アマゾン火災が大きく話題にされると
都合が悪い人達なのでしょうか?
もっと大きく取り上げて世界中の人々に問題提起して関心を持ってもらうべきだと思います。

私としてもよその国の対岸の火事、、と思うにはこのアマゾン火災はあまりにも規模が大きすぎる
微力でも何か出来ないものだろうか、と考えるのですが、
例え自分に時間と金と行動力があったとして、現地に赴き消火活動の手伝いをしようとしても、
たぶん現ブラジル政府に妨害されるでしょうし、現実的な問題として仕事を休んで
ブラジルに行って消火活動を手伝う時間もお金も行動力もありません。
なのでどこかに少ないながらも募金しようかと考えております。
寄付金がブラジル政府やブラジルの公的機関に渡ったら本来の目的に有効には使われないことは
あのクレイジーな大統領の言動を見れば分かりきったことなので、募金をするにしても募金先を慎重に考えないと。


話は変わりまして、私の身近なところで起きた出来事です。
数ヶ月前のことになりますが、河川敷に鳥撮りに出かけた時、現地に着いたら
対岸から煙があがってるのが見えました。
望遠レンズを付けたカメラで煙が出てる場所を見ると、見た感じ60代~70代くらいの男が対岸の河川敷でゴミを燃やしてました。
市の条例で河川敷でゴミを焼却するのは禁止されてます。さらには自宅の庭であってもゴミの焼却処分は禁止されてます。
しばらくするとその爺さん、車に乗り込み火も消さずにそのまま放置して立ち去ろうとしました。

この火のついたままの状態で車に乗り立ち去っていった
P1030096.jpg

火がついたまま放置して走り去って行く車に向かって対岸から
「止まれ!火消せよ!止まれ!」 
と大声で呼びかけたのですが、聞こえてないのか、あるいは聞こえてても無視してるのか
結局その車は立ち去って行ってしまいました。なんてヤツだ、、


だがしかし、私の手には望遠レンズを付けたカメラが。
走り去って行く車を激写。

P1030104.jpg
いちおうここに載せた写真はナンバーが写ってない写真を選びましたが、ナンバーも逃げた爺さんの顔も
バッチリ写ってる写真も撮ってあります。

このままにしておくのはマズいと思い、とりあえず通報。
消防署に通報するか警察に通報するかちょっと迷ったのですが、この爺さんは悪質だし消火してそれで終わりじゃ困るので
その場から警察に通報しました。消火だけならこの程度の火なら自分だけでも消せるし。
電話対応した警察の人に 「逃げた車のナンバーとか分かりますか?」 と聞かれたので
「ナンバーも逃げた爺さんの顔もバッチリ撮影してあります」 と答え、
「とりあえずナンバーをいま教えてください」と言われたのでナンバーを伝えると
警察官をそちらにすぐに向かわせる、消防のほうにも警察から連絡をしてくれるということになりました。

警察官と消防署員が到着するまで現状維持で火のついたままの状態を見せようと思ったのですが、
でも、警察官と消防署員が到着する前に周りに延焼したらまずいので、いざとなったら自分で消火しようと考え
車の中に入れてある洗車の時に使うバケツを取ってこようと思い車のほうに向かっている途中で
遠くから消防車のサイレンの音が聞こえてきました。それとほぼ同時に
知らない番号から電話がかかってきました。電話に出ると消防署員で、
警察から連絡があり今そちらに向かってる、火はまだ燃えてるか?といった内容で、
「火はまだ燃えてます。消防車のサイレンの音が聞こえますが、たぶん消防車は道がせまくて荒れてるので
入れないと思いますよ。それに今のところは消防車が必要なほどの火でもないです」
と電話で答えてる最中に消防車とパトカーが目の前に到着。
案の定、消防車は入り込めず現場にたどりつけず、パトカーのほうはそのまま突っ込んでいき先に現場に到着。
消防車が入れないので消防署員はプラスチック製の大きな箱みたいなの持って現場へ、
そして川の水をすくって消火。
近くで見たところ燃やしていたのは木製の家具でした。

その後、警察官から詳細な事情を聞かれ、私の話を聞きながら警察官が調書っていうの?それを書いてるのですが、
その内容が、、
「私black kiteは○○月××日の○○時××分ごろ野鳥撮影をしようと河川敷に来たところ、
対岸から煙が出てるのが見え・・・・」
と、まるで日記のような文章に  なぜかちょっと恥ずかしくなりました。

事情を聞かれてる最中にその警察官に連絡が入ってきて、その内容は
別の警察官が、火がついたまま放置して立ち去った男の家にすでに到着し本人から事情を聞き、
本人が火を放置したまま立ち去ったことを認めた、そして本人をパトカーに乗せてこれから現場に向かう、
という内容でした。
パトカーと消防車がここに到着してから30分もたってない、、仕事早いなここの警察。

警察官に、火ついたまま立ち去った爺さんにはどういう処罰がおりるんですか?と聞いたところ
警察としては今回の件は火の不始末というより不法投棄として扱うので、5年以下の懲役あるいは1000万円以下の罰金が
科されることになる可能性がある、とのことでした。
その後、私は解放されて元いた対岸に戻って鳥撮り再開しようと歩いて橋を渡っていたら、
火放置立ち去り爺さんを乗せて来たパトカーとすれ違いました。

私だけでなく、野鳥撮影をしてる人ならば撮影で野や山に河川敷に行ったりすれば不法投棄されたものを見かけることは
多いかと思います。
そして河川敷などでゴミを燃やしてるのを見かけるのもそんなにめずらしいことではないと思います。
私も河川敷などでゴミを燃やしてるのを見るのは、今回のこの場所だけでなくこれまでにあちこちで何度か見かけたことあります。
「こんなとこでゴミ燃やして危ないな、大丈夫なのか?」と思ってました。
今回の件は火がついたまま放置して立ち去ったので危険だし悪質だと思い通報しましたが、この時に警察官から
そこらでゴミを焼却してる時点ですでに条例違反であり、これは私の地元栃木県だけでなく全国どこの都道府県でも
そうなってると聞きました

けっこう河川敷での不審火による火災って多いですよね。
私の地元でも「鬼怒川河川敷で火災発生」などというニュースは毎年あるし。
今回の件も私がたまたま発見してなかったら周りに延焼してたと思います。
野鳥撮影で野や山に河に行った時に不法投棄やゴミを燃やしてたりするのを見かけたら遠慮なく容赦なく通報してやりましょう。
そんな無責任なことをしてる連中には責任を負わせるべきです。
今回の件は現行犯で撮影までしてたので言い逃れ出来ない状況にしましたが、警察としては現行犯じゃくても見かけたら通報してほしいとのことでした。

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

これは助けるべき、逃がしてあげるべき

ネットでニュース見てたところ栃木県のこんなニュースがありました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-00010000-soon-l09

ニュース記事見た人のコメント欄には、この場所がどんな場所かも知らずに勘違いして
「人里にでてきたクマは駆除されても仕方ない」
なんてこと言ってるのもいますが、ここは人里なんかじゃないです。
思いっきり山奥です。その山奥につくられた放牧場。
私も野鳥撮影に行く際にこの場所を何度も通ったことあります。
以前ここ通ったときにこの放牧場の道から撮った写真です↓

IMGP3287ss.jpg


こういう場所です。クマがいても当然の場所。というか、クマが生息すべき場所。
日本三百名山のひとつでもある高原山の山腹にある場所です。

ここはクマがいても当然の場所。
駆除の必要などないと思います。こんな山奥の場所ですらクマがいたら駆除なんてことになったら、
日本でクマはどこに生息したらいいの?どこにもクマの生息する場所なくなってしまうじゃん、
ってことになります。
しかも今回は小さな子クマを2頭つれた親子。
そんな親子の姿を見ても平気で駆除してしまう人間や、駆除してしまえ、という人間は
その良心を疑います私は。

「人が襲われてからじゃ遅い。人的被害が出たらどうするんだ?」
という意見もあるでしょうけど、実際、今回の記事にも書いてありますが、
今回の場所から4キロほどはなれた山林内で場所で人がクマに襲われてます。
山林内です。人里じゃありません。
こういうこと言ったら悪いですが、山の中でクマに襲われる人ってはっきりいって人間側の不注意と思います。
クマの生息地に入るのになんの対策もしないで山に入っていく。
私も野鳥撮影などで山に入る時はもろにクマの生息エリアに入ってますが、
それなりにクマ対策して山に入ってるのでクマに出くわしたこと一度もないです。
谷をはさんだ反対側の斜面にクマらしき動物が見えたことは一度だけありましたが、
谷をはさんで距離もかなりあったのでクマだとしてもその距離じゃ襲ってこないでしょうし、
襲ってきたとしてもじゅうぶん対策できるだけの距離でした。

今回の件の場所がある塩谷町は、同じ高原山地域内の山林に環境省によって
放射性物質を含んだ廃棄物の処分場の建設計画があり、それに対して町全体、官民一体で
「高原山の美しく豊かな自然を汚染するな」と反対運動が起ってます。
じつは私がオオルリを初めて見た&撮影した場所がこの建設計画地のすぐ近くだったのです。
オオルリを初めて撮影したその当時はまさかこの場所にそんなものの建設計画が立ち上がるとは
思ってもいませんでしたが。
そういったこともあり自分としてもその反対運動は応援したい気持なのですが、
だからこそなおさら、美しく豊かな自然を守りたいと言うなら、
クマたち野生生物も住めるような環境こそ本当の豊かな自然だと思うし、
人間にとって見た目だけが美しく見える自然なんてものは
自然を破壊して造られたあちこちにある”名ばかり”自然公園と変わりない。
今回の件について塩谷町には安易に駆除に走らない対応を願いたいです。



その後、ニュースの続報によると、塩谷町はクマを救出して山に返してあげる方針だそうです。
よかった! さすがだ塩谷町。

https://www.youtube.com/watch?v=rWfkunhFEqA

この動画の衰弱した親クマをいたわる子グマの姿を見たら、まともな良心を持つ人間なら
「駆除してしまえ!」なんてこと思わないでしょ。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

選挙

明日は栃木県内各地の市町で市議会議員、町議会議員の選挙の投票日であり
私が住む宇都宮市でも市議会議員選挙が行われます。
つい最近、知り合いからとある市議会議員選挙の立候補者の応援してほしい、投票してほしいとお願いされたのですが、
「その人には投票したくない」とキッパリ断りました。
なぜならその立候補者はLRT推進派だから。私はLRT計画は反対です。
LRTとは現宇都宮市長が中心になって宇都宮市がすすめてる路面電車整備計画です。

下の写真は現在ではLRTの路線開発工事が行われてしまってる場所の、まだ工事が始まってなかったころに撮った写真です。

IMGP0120_201904202029035ca.jpg

DSC_3560_20190420205554992.jpg

今では工事が始まってしまい見る影もなし


それと宇都宮ではなく他の市ですが、小山市の市議会議員選挙の立候補者名簿を見てびっくりしました。
コイツまた立候補するんですね。どんだけ厚顔無恥なんだか。
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/135943
この議員はセクハラ事件を起こして前代未聞の15回もの辞職勧告を受けてものうのうと議員を続けてるその神経の図太さにも呆れますが、
この議員はこのセクハラ事件だけでなく、自宅前の道路の拡幅工事で自宅土地の用地収用の金を受け取っておきながら
7年間も土地を明け渡さなかった詐欺のようなことを議員在職中にやっており、
さらには議員在職中に飲酒運転で事故も起こしてます。議員として以前に人としてダメだと思います。
こんなヤツが議員を続けてきたのも驚きですが、性懲りもなくまた立候補してるのがこれまた驚きです。


選挙結果を見たところ、小山のセクハラじいさん見事落選

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

LRTごときのために伐採された桜並木

季節はずれの写真で恐縮ですが、
DSC_4924nx.jpg
この見事な桜並木、これ去年の4月18日付けの当ブログ記事にも掲載した写真です。
この桜並木その時のブログ記事には地名書きませんでしたが、宇都宮市内にある
清原工業団地のキヤノンの横あたりです。

それが今はこうなりました
清原LRT
ドライブレコーダーの映像からのキャプチャ画像なので画質悪いですが、1週間ほど前にこの場所を
通りかかったらこんなことになってました。
市が行ってるLRT(路面電車)の路線整備開発の工事により桜並木が伐採されてます。

清原LRT2
距離にして1.5kmほども長さの桜並木が伐採されてしまいました。
LRT整備のためにこんなにも桜を伐採するなんて話が事前にあった?

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

初夏を思わせる陽気の小川のせせらぎに、見たくなかった光景

日曜日に久しぶりに休みが取れた今日、栃木県内は夏のようにとても暑かったです。
朝から鳥撮りに出かけ5時間ほど夏のような日差しの下にいたので思いっきり日焼けしてしまいました。
本日の鳥撮りは写真としては収穫はナシに等しい有様でした。

で、その鳥撮りの帰り道、たまたま見つけて立ち寄った場所です。

**画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます**

DSC_2985.jpg
この道は今まで何度も通ったのにこんな場所があることを今まで気がつきませんでした。
桜が咲いてた時期だったら絶景だったのではないかと


DSC_2975_n.jpg


DSC_2978.jpg
水車小屋の先に見える木橋のほうに行ってみると、、


DSC_2991.jpg
木橋のむこうには黒光りする見たくはない物が。なんだかすべてが台無しにされた感じになりました。


DSC_2970_n.jpg
よりによってこんな場所に造るか?
この場所、小川の横に遊歩道がつくられています。明らかにこの小川沿いの環境を憩いの場、癒しの場として利用してほしい
という趣旨のもとに遊歩道なんかが用意されてると思うのです。
そういう場所にいきなり目の前にどーんとメガソーラー。おかしいと思う。

僕はメガソーラーなんて絶対に造っちゃいけないとも思ってないし、メガソーラーそのものが悪だとも思ってはいません。
ただ、造る場所をもう少し考えろ、配慮しろ、と言いたいわけです。

たとえば栃木県内には工業団地が多数あります。その工業団地には誘致企業が決まらなくてずっと空き地のままの
場所や、企業が撤退して空き地になってる場所がいっぱいあります。
そういう場所にメガーソーラー企業を誘致してメガソーラーつくらせりゃいいのにと思うのですが、なんで県の企業局とかは
そういうことは積極的にやろうとしないのか。空き地のままにしてどうすんの?
現在有る工業団地に空き地があるのにさらに工業団地を新たに造ろうとしてるし。
(あ、ちなみに益子町のペンタックスの工場だった場所は現在メガソーラーになってますね)
それとか、郊外につくられた高速道路は土手状になっていて土手の上に高速道路があるわけですが、土手の斜面に
ソーラーパネル設置すればかなりの数の面積のメガソーラーになり、わざわざ森林破壊してメガソーラー造るよりは
よっぽど土地の有効活用になると思うのですが。
まあ、どうせ地盤の強度が、、とか安全面が、、とか言うんだろうけど、
↓こんな場所に平気でメガソーラー造っておいて地盤の強度がとか安全面がなんてことは言わせない。
DSC_2436_n_01.jpg
益子町 根本山 東側斜面

現状見て思うに、メガソーラー業者にまともな企業なんてないんじゃないの、って僕は思ってしまっています。
法に触れさえしなければ何をやってもかまわない、環境への配慮もモラルも無しの拝金主義、金の亡者ばかり。
(実際は法に触れることをやってる業者もありますが)
拝金主義の代表格のソフトバンクグループなんかいつの間にか那須のが原の森林伐採してメガソーラー造っちゃってるし。
うさんくさいメガソーラー業者はメガソーラー造成後に事故や問題が起きても責任は取らない。
数年前の鬼怒川決壊にしても土手を削ってメガソーラー造成したことが原因ですよね。
あのメガソーラー業者、責任取ろうともせず責任逃れに責任のなすり合いをしてる有様。
早急にメガソーラー建設に関する強力な規制をつくらないと、
このままだとそのうち男体山や立山連峰や富士山の斜面にまでメガソーラーが並んでるなんてことになってしまうのでは?

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

横根高原 井戸湿原 そして大規模メガソーラー建設問題

一ヶ月ほど前になりますが、鹿沼市の横根高原、井戸湿原に行ってきました。
横根高原とは横根山の山腹に広がる高原地帯のことを指します。

**画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます**

鹿沼市の西の奥に広がる横根山を中心したこの地域はあまり観光開発もされてなく、
野鳥撮影や紅葉シーズンなどは穴場的な場所でとても良い場所です。

横根高原にある前日光ハイランドロッジ辺りから日光の男体山、女峰山方面を
DSC_8624nx.jpg


前日光ハイランドロッジ辺りから足尾山地方面を。 この画像は後ほどもう一度でてきます
DSC_8633nx.jpg
画面奥の横に長い山の稜線の右のほうにひょこっと突き出た三角の部分は渡良瀬川の源流の山である皇海山(すかいさん)。
その手前の画面中段の左のほうにあるのが思川の源流の山の地蔵岳。


ハイランドロッジの駐車場に車を停めてまずは横根山の山頂を目指します。
DSC_8769.jpg
この画面奥が横根山の山頂なのですが、肝心の山頂での写真をうっかり撮るの忘れました。


山頂をすぎてしばらく歩いた先にあるのが鹿沼のミニ尾瀬とも呼ばれる井戸湿原
DSC_8741.jpg


DSC_8719.jpg


DSC_8728.jpg


DSC_8716_01_20170703213055c10.jpg


DSC_8751_01.jpg


井戸湿原から流れ出す沢がつくる五段の滝
DSC_8678_0.jpg


DSC_8631.jpg
宇都宮から1時間弱で行ける身近な場所としてはとても恵まれた自然環境で動植物の宝庫な横根高原周辺


なのですが、、、
新聞などでも報道されたのでご存知の方も多いかと思いますが、この地に大規模なメガソーラー建設計画が持ち上がってます。
https://mainichi.jp/articles/20170110/ddl/k09/040/049000c
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20161105/2499263
うえの1つ目のリンク先の記事では建設面積80ヘクタールと書かれてますがその後の報道によると100ヘクタール越すそうです。

建設予定地は
DSC_8633nx.jpg
先ほども出てきたこの写真の中段に見える稜線の斜面ここが建設予定地になってるそうです。
この稜線のこちら側に見えてる斜面は鹿沼市になりこの斜面の大部分、そしてこの稜線の向こう側は日光市になっており、
その日光市側の斜面にもメガソーラー建設計画地はまたがってます。
こんな場所にメガーソーラーなんて、金の亡者のやること考えることははっきり言って狂ってるとしか言いようがありません。
思川と渡良瀬川という栃木県の主要河川の水源地帯にもなっている場所です。
自然を破壊してこんなとこに100ヘクタール以上ものメガソーラーなんてちっともエコじゃない。

報道でもメガーソーラー業者の社名でてたので伏せることもせず遠慮なく企業名を書きますが、
この狂ってる金の亡者のメガソーラー業者は東京の「カナディアン・ソーラー・プロジェクト」という外資系の企業と、それに協力してるのが
群馬の「グリーン開発」という会社。ネットで検索したところグリーン開発という会社は不動産会社のようです。

http://www.shimotsuke.co.jp/category/life/welfare/environment/news/20170126/2582408
この報道によると、鹿沼市の市長はこのメガソーラー建設計画に反対の立場を表明してるようです。
ただし現在はメガソーラー建設に対して法的な強制力がある規制がなくどうなるかわかりません。
そこで鹿沼市長をはじめとした4市町が栃木県に対して規制の要望を。だけど栃木県知事の反応がなんともチンタラした感じで、
「国が間もなくガイドラインを策定するから~」国の動き待ってたらメガソーラー建設されてしまうって。遅い!
というかハッキリ言って現栃木県知事は開発優先型だから期待できないと思います。
逆に栃木県内にもっといっぱメガソーラー建設しに来てくれっていう考えでしょアノ知事は。
そして県への規制要望にもうひとつの当事者の日光市の市長が加わってないことが気になりました。なんで?
メガソーラー業者に丸め込まれたとかじゃなきゃいいのですが。

撮影機材:Nikon D7000 & SIGMA 18-250mm DC MACRO OS HSM

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

近所のオオタカの危機

先月、3月下旬に撮影した近所を飛びまわるオオタカです。
DSC_2079.jpg
D7000 & AF-S DX55-300VR

IMGP1609.jpg
K-30 & sigma50-500

IMGP0662.jpg
K-30 & sigma50-500

うちの近所にはオオタカが出現し飛翔してることは今回ふくめ当ブログでは今までにも何度か書いてきました。
こんなこと書くとオオタカ目当ての野鳥カメラマンが集まってきてしまうと思って書くのはひかえてましたが、
じつはここでは毎年オオタカが営巣してます。営巣しているということを今回書いたのは先月この場所である出来事があったためです。
IMGP1079.jpg
K-30 & sigma50-500

IMGP1074.jpg
K-30 & sigma50-500

今回のせた画像ではここを知らない人には場所も特定できないとは思うのですが、
以前、当ブログを始めたばかりのころに他の場所のオオタカやチュウヒやチョゲンボウなどの記事をのせたところ、
真岡に住むブログ荒らし常習犯の某人物にうっとうしいコメントをしつこく書き込まれてました。その人物のコメントは、

「場所が特定できるような画像のせるな。撮りたい気持ちを抑えろ、その場所に行くのをひかえろ。行動を改めないならお前のやってることを報告せざるをえない」

言いたいことはわからなくもない。しかし、渡良瀬遊水地みたいな誰でも知ってるようなとこは例外ですが、当ブログでは今回もその当時も場所を特定されてはまずい場所について、その場所を特定出来るような画像はのせてないし、逆にその画像見ただけで場所特定出来るような人はこのブログの画像なんて見なくてもその場所のことはすでに知ってます。

今回の画像にしても、この場所を知らない人がこの画像だけでこの場所を見つけることはまず無理でしょう。
ついでに言うと、「撮りたい気持ちを抑えろ、その場所に行くのをひかえろ」こんなことを他人に言ってる本人が、毎日ヒマなのをいいことに毎日のように野鳥おいかけまわしてる。
なんでこんなこと知ってるかというと、その本人はバレてないと思ってるようですが、その真岡に住むブログ荒らし常習犯の人物の本名もその人物のブログも知ってます。悪名高い人のようなので情報も入ってきます。
「行動を改めないならお前のやってることを報告せざるをえない」に関しては、どこに何を報告するのか知らないけど、勝手に報告しろ、てな感じです。


長々と話がそれてしまいました。今回のこと書いてたら当時のムカツキがちょっと甦ってしまったもので
今回の本題はこんなことではなく、この近所のオオタカ営巣地に先月3月なかごろに突然こんなものが

IMG_20150314_150347510_20150403212452401.jpg

最悪です。
この工事オオタカ営巣場所のすぐ真ん前通ります。
年度末のこんな時期というのも行政のあからさまなやりかたで腹立つし、しかもまったく無意味な工事。
もともと利用する人もほとんど皆無の道を舗装する必要性自体に疑問。そもそも、もともとこれ道だったのか?というような場所で車が安全に通れるような幅もありません。
今まで舗装されてなかったから利用されてなかったというわけでもなく、ここの道がある必要性自体もありません。なにせすぐこの横に平行してすでに道がありますので。

年度末が近づくと予算使い切るためのムダな工事があちこちで行われるのは何年たっても何十年たってもまったく改善されませんね。
以前書いたこのブログの記事
http://blackkite2010.blog10.fc2.com/blog-entry-67.html
この時も年度末ちかくに突然始まりしかも工事の告知の看板もなかったのでじつはこの時は県の担当部署に問い合わせの電話しました。
そのときのむこうの対応もうやむやではっきりしなくて最初は「うちでやってる工事かもしれないし違うかもしれない。はっきりとはわからない」
とかふざけた答えが返ってきました。
「わからないってどういうことですか?じゃあ土建業者が勝手に無許可で川を重機でひっかきまわしたとしてもそちらでは何もわからない把握も出来ないってこと?」
と聞いたら2回くらい電話の相手がかわって最後のひとがやっと「確かにうちで行ってる工事です」と。
「この中州は春から夏にここで多くの野鳥が卵うんで子育てする場所なんですが、これなんのための工事なんですか?」
と聞いたら、水の流れを良くするための中洲撤去工事だとのこと。
「この中州は何年も前からあったものだし、中洲があるために流れが悪くなってるようにはとても思えないし、流れがここでたまってるということもまったくないし今まで見たこともない。それに水の流れが弱くなってるというなら、この上流にいくつも堰や水門があってそれによってすでに弱くなってる」
とこちらが言うと、
「この工事をやめてほしいってことですよね? この工事このまま続行するとなったらどうするつもりですか?」
と開き直ったような態度で返されました。

また別の件では、
http://blackkite2010.blog10.fc2.com/blog-entry-57.html
このオオタカ若鳥とカワセミがよくとまってた木とそのまわりの木は伐採されてしまって今はありません。
この木の下は木の枝に覆われる水辺の草場になっていてカイツブリが子育ての場にもしてました。
木を伐採したのは県とか市ではなく、木があった場所に隣接する家の住人が伐採しました。
伐採した場所がとても私有地とは思えない場所(垂直に近い崖)であり、私有地であったとしてもこんな崖の木をまとめて伐採したら崩落とか災害がおこりそうな場所だったので、この時は市の担当部署に、
「○○の場所の木が隣接する家の住民に広い範囲で伐採されてるんですが、ここって私有地ですか?それとも市とか県の公有地ですか?この伐採って違法伐採とかじゃないのですか?」
と問い合わせの電話したところ、
「私有地かどうかはわからないです。違法伐採かどうかも伐採する人が届出をださないと違法なのか許可を受けたものなのかは分かりかねます」
と、とぼけた回答が。
「違法伐採する人間が届け出をだすわけないでしょ?届け出がなければ違法伐採になりますよね。違法伐採の疑いがあると市民が報告してるのに私有地かどうかはわからないって、調べようともしないんですか?森林林野の適正な管理がそちらの部署の仕事ですよね?」
とつっこんだのですが、この時の電話の相手の担当者はまったく話にならずでした。


今回のオオタカ営巣地の工事の件も県に問い合わせ(抗議とも)しようかと思ったのですが、うえに書いたようなこともあり、どうせいち個人が行政側に言ったところで何も改善なんてされないしなあと思ってたら、
この場所で時々会うかたが、
「この場所はオオタカが毎年営巣してる場所でありこれからの時期子育てで大事な時期である」
と県の職員がこの場所に来てた時に直接言ってくれたそうです。
そのためか、あるいは別の要因のためかはよくわかりませんが工事が止まりました。
途中で工事が止まったためにかなり中途半端な状態の道になってますが。。。
それでもオオタカ営巣地の20~30mくらいの場所まで工事はせまってましたが、オオタカ夫婦はなんとか耐えてくれたようで今も健在です。

ここのオオタカは幸いなことに野鳥カメラマンにほとんど知られてないようで、ここでオオタカの営巣時期に狙いすましてやってきて三脚設置して長時間張り付いてるカメラマンもいません。
そういうカメラマンが集まってくると、無理な接近をしたり追いかけ回すようなことする人間が必ずでてきます。
そうなるとせっかく工事が止まったのに野鳥カメラマンが原因でオオタカがいなくなってしまうなんてことも。
ここでオオタカ撮ってるのは自分を含めて3人くらい。みんな近くに住んでる人たちでオオタカの営巣だけをねらって来てるような人はいません。

ここの近所の人や散歩やサイクリングでここを通る人たちの多くはここでオオタカが毎年営巣してることを知っています。
「オオタカ」という種名を知らないおばあさんとかもすれちがうときに
「あそこで今日も白いタカがミーミー鳴いてたよ」
と教えてくれたりします。地元の人たちにあたたかく見守られてるオオタカなんだなと感じます。

この近所のオオタカ、今回は工事が途中で止まりなんとか一難去った感じではありますが、この場所での生息をおびやかす事は今後も色々おこるでしょう。
ここのオオタカだけでなく他の場所のオオタカも同じような状況なんだろうと思います。オオタカだけじゃなく野生生物みんなそうですね。
人間にとっての「利便性向上のため~」なんて名目のためだけにオオタカや様々な野生生物の生息環境を奪うのは、もうこれだけ利便性向上してる現在これ以上やる必要があるのか疑問に感じます。

IMGP1077.jpg
K-30 & sigma50-500

IMGP1359.jpg
K-30 & sigma50-500




関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

black kite

Author:black kite
2010年からデジカメで写真撮影(ほとんど野鳥)はじめました。
主に栃木県内で撮ってます。

<< 使用カメラ >>
Nikon D7000 D500
Panasonic LUMIX GX7MK2

各記事の画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます

最新記事
タグ

野鳥(猛禽以外) 
宇都宮 
水辺の鳥 
山・川・海・寺社仏閣などの風景 
トビ 
 
カワセミ 
近所のトンビ 
オオタカ 
渡良瀬遊水地 
井頭公園 
チョウゲンボウ 
チュウヒ 
ノスリ 
カルガモ 
乗り物(車・鉄道・船舶など) 
航空機 
ミサゴ 
モズ 
コミミズク 
カルガモ親子 
ハヤブサ 
ベランダ 
ジョウビタキ 
セキレイ類 
野生動物(哺乳類) 
ハイタカ 
オオワシ 
ハイイロチュウヒ 
ツミ 
オオルリ 
スズメ 
カラス 
サシバ 
自然破壊・環境破壊問題 
その他 
ササゴイ 
ルリビタキ 
クマタカ 
エナガ 
キビタキ 
シギ・チドリ類 
ハクチョウ 
シジュウカラ 
カイツブリ 
カメラ関連機材など 
サギ類 
オジロワシ 
 
ツグミ 
コガモ 
コアジサシ 
ヒドリガモ 
シロハラ 
ツバメ 
コサメビタキ 
マガモ 
オナガガモ 
メジロ・ウグイス 
ミコアイサ 
ヤマガラ 
アカゲラ 
ベニマシコ 
コウノトリ 
ニシオジロビタキ 
ゴイサギ 
ビンズイ 
エゾビタキ 
ミヤマホオジロ 
昆虫 
タゲリ 
カワラヒワ 
アトリ 
トラツグミ 
オオバン 
ガビチョウ 
イヌワシ 
カワガラス 
アカハラ 
キジ 

フリーエリア
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スマホ用ブログ QRコード
QR