FC2ブログ

カルガモ親子 カラス親子

カルガモ親子とハシボソガラス親子の子育ての様子、その続きです。
いっぱい写真は撮ってるもののブログ掲載が間に合わず今回のは6/16撮影分からです。
この日のこの場所やたら混んでいて駐車場に入れるのも一苦労。
カルガモ親子フィーバー炸裂か? と思ったらカルガモ親子フィーバー炸裂度は2割くらいで、
歩いてる人達のほとんどはスマホ画面見ながら歩き回ってます。
スマホ画面見ながら歩いてた人に「今日ここで何かあるんですか?」と聞いてみたところ、
ポケモンGOやってるのだそうです。なるほどそういうことでしたか。
ポケモンGOで思い出したのですが、以前ここではない場所で鳥撮りしてた時に、
ポケモンGOやってる人が近づいてきてこう言われたことがあります。
「野鳥撮影とポケモンGOってやってることはけっこう似てますよね」 と。
はじめは そうだろうか?と思ったものの、よくよく考えると確かに似てる部分はあると思う。
特に他の人からの情報を頼りに人気の鳥や珍鳥を求めてあっちにこっちに
というタイプの野鳥カメラマンのやってることはポケモンGOとやってること変わらないと思いますね。
(↑他人からの情報頼りの野鳥カメラマンへの皮肉入ってます

**画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます**

この池で一番最初に生まれた家族のヒナ達はこんなに大きくなってます
DSC_5707.jpg
小さいころは6羽みんなで乗っても広々してた噴水の上が、ヒナ達が大きくなってきたので狭くなってしまいました。


DSC_5661.jpg
散歩に来てる人達からエサをもらってる親子。


DSC_5660.jpg
エサを食べてるヒナたちの中に1羽だけ他のヒナよりも小さいヒナがいます(写真うえのほう)
この小さいヒナは他の親子のヒナで、エサがほしくてまぎれこんでしまったようです。
この直後に大きなヒナたちの親鳥(ここで一番最初にヒナが生まれた親子の親鳥)に小さなヒナは追い払われてしまいました。


DSC_5672.jpg
追い払われてしまったまだ生まれたばかりと思われる小さなヒナ。
この小さなヒナの家族は兄妹もバラバラにばらけて行動してるし親もちゃんとヒナ達のそばにいないんですよね。


それに対してここで一番最初にヒナが生まれた親子はヒナたちもまとまって行動してるし親鳥も母カモ父カモ両方が
ヒナたちのそばにいつもいっしょにいます。
そのためかこの時点でもヒナが1羽も減らず成長してます
DSC_5645.jpg



6月21日の「カルガモ親子 カラス親子」の記事でも登場したハシボソガラスの子。この日も同じ場所にいました。
DSC_5810.jpg
この日の時点ではまだ飛べないようですが、このくらいの高さのフェンスならジャンプして飛び乗れます。
これ僕のほうから近づいて撮ったわけじゃなく、子カラスがトコトコとフェンスの下まで歩いてきてフェンスの上に飛び乗りました。
かなり近い距離でこっち見てるのですが、何度か会ってるのでもしかしたら僕のこと覚えてくれたか?


プラスチック製のキャップのような物でドリブルして遊んでます。
DSC_5823.jpg


DSC_5820.jpg


両親といっしょに
DSC_5830.jpg
このハシボソガラス親子は親子そろって穏やかな性格のようで見てて微笑ましいです。
この親子は人間に対する警戒心もあまりないようで近くを人が通ってもぜんぜん平気でして逃げもしないし威嚇したりすることもなく、
かといって人間にエサを求めて近寄ってきたりとかもないのですが。
ヒナを連れた親鳥って神経質になるものなのに、ここのカラス親子もカルガモ親子も人間が近くにいても
リラックスしてるということは、ここで人間から危険な目に遭わされたことがない、人間を脅威と感じてないということなんだと思います。
これはこれでとても良いことだと思うし、そういう環境のこの場所が好きで僕もここにしょっちゅう来てるわけですが、
僕としてはもう少し人間に対する警戒心を持ってほしいなと思います。良い人ばかりじゃないですからね。
この場所ではあまり見ないけど、鳥たちに悪さをするろくでもない人間もいますし。

撮影カメラ&レンズ Nikon D500 & Nikon DX55-300mm VR

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カルガモ親子 カラス親子

最近は撮影した写真をその日うちに帰ってからPCで確認するのがどういうわけか億劫でかったるくて、
撮ってきても何もせずそのまま放置してる写真が多くなってきてます。
撮影してる時は楽しく夢中で撮ってるんですけどね。
そんなわけでカルガモ親子の写真もヒナの成長に僕のほうが追いつかなくなってきました。

**画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます**

6月4日に撮影したものです
前回5月30日の記事で書いたカルガモ親子のヒナ達もだいぶ大きくなってきて3頭身くらいだった体型が5~6頭身くらいになってます
DSC_5296.jpg
すべてのヒナが写真に写ってませんがヒナの数は前回から変わらず6羽がみんな元気に育ってます。

この親子がいる池ではもうひと組のつがいからもヒナが誕生しました。
さらにこの池に隣接する別の池にいるつがいからもヒナが誕生してこの日の時点でここには3組の親子がいます。

3組目のカルガモ親子
DSC_5405.jpg
この親子には5羽のヒナがいます。 


DSC_5364.jpg


DSC_5416.jpg


DSC_5353_20180621015900406.jpg



同じ場所にはハシボソガラスのヒナというか幼鳥がトコトコと歩いてました
DSC_5325.jpg
まだ飛ぶことは出来ないみたいです


親カラスが近くに来るとエサをねだってました
DSC_5428.jpg
ここまでの写真 撮影機材は Nikon D500 & Nikon DX55-300mm VR


うちの近所でもカルガモのヒナが誕生しました
DSC_5161.jpg
さっきの場所のカルガモはわりと人なれしてて近くで撮れるので300mmズームレンズで撮れましたが、
こっちのカルガモはまったく人なれしてなく警戒心が強いので近い距離では撮れず、この写真だけレンズは150-600mmを使用

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カルガモちゃん誕生 カルガモ親子

今年も宇都宮市内の池でカルガモのヒナ達が生まれました。

**画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます**

DSC_4878.jpg


DSC_4896.jpg


ヒナ6羽の6兄妹です。
6羽みんな無事に成長してくれればいいのですが、そうもいかないのが厳しい自然界の現実。
DSC_4853.jpg


DSC_4843.jpg


DSC_4829.jpg


昼寝タイム
DSC_4752.jpg


DSC_4861.jpg
母カモは岸に上がってますが、ヒナ達はまだここを登ってこの岸に上がることが出来ません。


DSC_4831.jpg


お父さんカモもいっしょです
DSC_4825.jpg

撮影カメラ&レンズ Nikon D500 & Nikon DX55-300mm VR

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カルガモ親子 カワセミ

一ヶ月ほど前の6月の最初の週辺りに宇都宮市内で毎年この時期にはカルガモ幼稚園状態になる場所で今年もカルガモのヒナが誕生しました。

**画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます**

まだこの時の時点ではヒナが生まれたのはこの1組の親子だけです
DSC_9321.jpg


DSC_9325.jpg
和まされる光景です


DSC_9139.jpg


DSC_9203.jpg


DSC_9693.jpg


DSC_9638.jpg
この親子は最初にヒナが生まれた時にはヒナ7羽いたそうですが、僕が見に行ったときには残念なことに1羽へってしまい6羽になっていました。
ですが、ここから先がこの親子、というかこの親鳥が見事な子育てをする偉大な親カルガモだったのです。
なにが見事で偉大なの??と言いますと、先に結論を言ってしまいますと、ここから先、今日7月15日の時点でこの親子のヒナは
1羽も減らず6羽が見事に成長しています。
この場所はカルガモ親子にとっては他の生息地に比べるとけっこう安全なほうではあると思うのですが、それでも去年までは
生まれたヒナ全滅とか生き残っても1羽か2羽というのが普通な状態だったのに、今年のこの親子のヒナの生存率は見事です。


DSC_9683.jpg
左はじにいるのは父親カモです。
この親子のヒナが生存率高いのは、母カモの子育てが上手いというのも当然あると思うのです。ヒナがバラけて親鳥から離れそうになると
母親カモがすぐに「クっクっクっ」と鳴いてヒナ達を呼んでるようですぐにヒナが集合します。
その他の要因として、このカルガモ家族は父親カモが子育てにちゃんと参加してるんです。
カルガモの習性としてオス親が子育てに参加するのが普通なのかそうでないのかは僕は分かりませんが、
オス親カルガモが子育てに参加するのは僕は初めて見ました。


他のカルガモがヒナにちょっかい出したり、ヒナが食べようとしてるエサを横取りしそうになるとこの父親カモが、
DSC_0257.jpg
ザババババ!! と父カモが突進。目つきがいかにも怒ってる目つきです


DSC_0261.jpg
他のカモを撃退。 見事


となりの池にはカワセミが来てました
DSC_9359.jpg


DSC_9371.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

black kite

Author:black kite
2010年からデジカメで写真撮影(ほとんど野鳥)はじめました。
主に栃木県内で撮ってます。

<< 使用カメラ >>
Nikon 
 D7000
 D500
Panasonic
 LUMIX GX7MK2
 LUMIX G9

各記事の画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます

最新記事
タグ

野鳥(猛禽以外) 
宇都宮 
水辺の鳥 
山・川・海・寺社仏閣などの風景 
トビ 
 
カワセミ 
近所のトンビ 
オオタカ 
渡良瀬遊水地 
井頭公園 
チョウゲンボウ 
チュウヒ 
カルガモ 
ノスリ 
乗り物(車・鉄道・船舶など) 
ミサゴ 
航空機 
カルガモ親子 
モズ 
ジョウビタキ 
コミミズク 
セキレイ類 
ベランダ 
ツミ 
ハヤブサ 
ハイタカ 
野生動物(哺乳類) 
スズメ 
ハクチョウ 
ハイイロチュウヒ 
オオルリ 
オオワシ 
キビタキ 
ルリビタキ 
カラス 
カメラ関連機材など 
その他 
自然破壊・環境破壊問題 
サシバ 
シジュウカラ 
ササゴイ 
エナガ 
カイツブリ 
クマタカ 
シギ・チドリ類 
サギ類 
コアジサシ 
 
ミコアイサ 
オジロワシ 
ツグミ 
コガモ 
ヒドリガモ 
ツバメ 
コサメビタキ 
コウノトリ 
マガモ 
シロハラ 
ヤマガラ 
アカゲラ 
オナガガモ 
メジロ・ウグイス 
ベニマシコ 
ニシオジロビタキ 
タゲリ 
エゾビタキ 
ミヤマホオジロ 
ビンズイ 
アマツバメ 
ハジロカイツブリ 
アカハラ 
ゴイサギ 
昆虫 
動画 
カワガラス 
アトリ 
トラツグミ 
オオバン 
キジ 
カワラヒワ 
ガビチョウ 
イヌワシ 

フリーエリア
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スマホ用ブログ QRコード
QR