FC2ブログ

ドライブレコーダーが捉えたカルガモちゃんたち

車を走らせていたら、、



にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カルガモちゃん誕生2019 カルガモ親子

今年もカルガモのヒナが誕生しました。
この場所で今年最初に生まれた親子のヒナは11羽です。

**画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます**




P1050724.jpg


P1050813.jpg



お母さんカモのおなかの下で昼寝の時間
P1050553.jpg


兄妹みんな昼寝してるのに、1羽だけ落ち着きのないヒナがいます
P1050554.jpg


P1050564.jpg






1週間後にまた見に行ってみると、隣の池にも別のカルガモ親子がいました
P1050871.jpg


P1050877.jpg

撮影カメラ&レンズ:LUMIX GX7MK2 & LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6、 G VARIO 100-300mm II

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

成長したカルガモのヒナたち、子カラス、少しだけ姿見せたカワセミ

先日、7年ほど使ってきたPCのモニターが突然こわれまして急遽アマゾンで新しいモニターを注文し昨日新しいモニターが届きました。
そんな高いやつではないのですが、それでも最近のモニターは画質がきれいですね。あまりの画質の鮮やかさに驚いたのと同時に、
自分が撮った写真を新しいモニターで見ると今まで気がつかなかったアラが目立つ目立つ。もうイヤになってしまいました


**画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます**

カルガモ親子たちがいた池に隣接するもうひとつの池に仲良く行動する4羽のカルガモがいました。
DSC_8141.jpg
この4羽をしばらく見てると、ずっと4羽いっしょに行動してるのと、行動が無邪気というか子供っぽく、
そして4羽とも風切羽が短いように感じるのでたぶんこの4羽は今年生まれたヒナたちの成長した姿だと思います。


DSC_8148.jpg
みんなして無邪気にアメンボを追いかけ回してます。



そしてカルガモ達と同じ場所で育った子カラスも池のまわりをトコトコ歩いてました。
DSC_8135.jpg


なんか首のまわりの羽毛が輪のように白っぽくなってきたのは羽が生え変わる準備段階なのでしょうか?
DSC_8136.jpg



カワセミとカルガモとカイツブリの3ショット
DSC_7626.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カルガモ13兄妹 ササゴイ3兄妹 ハシボソガラスの子カラス

前回のカルガモ親子の記事の続きになります。
あの後、8月2日に行ってみると同じ池に前回いた親子と同じ13羽のヒナがいるカルガモ親子がいました。

**画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます**

DSC_7840.jpg
見てのとおりヒナの大きさがバラバラな13兄妹。
前回のカルガモ親子の記事で、同じ兄妹にしてはヒナの大きさに違いがありすぎるので、この13兄妹は同じ親鳥から生まれた
兄妹とはちがうのではないか、と書きました。
その後、この場所のカルガモ親子に詳しい方から情報提供をいただきまして、その情報提供者のかたの話によると、
やはりこの13兄妹は同じ1組の兄妹ではなく、3組の別の親鳥から生まれた兄弟が合流したものとのことです。
上の写真でいっしょに写ってる親カモが、なんらかの事情で親鳥とはなればなれになってしまった2組のヒナのグループを
自分のヒナ達と同じようにいっしょに育ててるのだそうです。
こういったことがカルガモ界ではよくあることなのか、それともめずらしい例なのかはよくわかりませんが、なんとも感動的な話です。


DSC_7751.jpg
こんなに大きさが違う、本来はそれぞれ別々の親鳥から生まれたヒナどうしが本当の兄妹のように仲良くすごしてます。



そして同じ場所で子育てしてたハシボソガラス親子の子カラス。
暑すぎるせいか口あけっぱなしです。
DSC_7772_20180901194148eaf.jpg



そしてこちらもまた同じ場所で今シーズン生まれて育ったササゴイの幼鳥3兄妹
DSC_7867.jpg



ひとまわりしてさっきの子カラスがいるところに戻ってみると子カラスがいない。
しばらく辺りを見ていると、すぐ横の植え込みから子カラスがでてきました。
DSC_7814.jpg
暑かったので日陰に移動してたのでしょう


DSC_7816.jpg



そしてその後、8月14日。
カルガモ13兄妹がいた池にはあの親子はいませんでした。
すぐとなりにある大きな池を見てみると、成鳥のカルガモが何羽かいてそれに混じって幼鳥が1羽だけいました。
DSC_7856.jpg
けっこう成長していて顔つきもどことなく凛々しく感じます。
この幼鳥がこないだまでいた13兄弟のうちの1羽なのか、それともあの13兄妹よりも前に生まれてた何組もの親子のヒナなのか
ちょっとわかりませんが、ともかくこの場所で生まれたカルガモのヒナ達のなかでこの場所にいるのがこの1羽だけになってしまいました。
今シーズンはもう時期的にこの後はカルガモのヒナは生まれないでしょう。
今年のこの場所の生存率はかなり低かったなあ、13兄妹はたった12日ほどで全滅してしまったのか? などと考えながら
たった1羽残ったカルガモ幼鳥を見てたら、この場所で何度か見かけたことのあるここによく散歩に来てる感じもおばさんに
話しかけられまして、そのおばさんの話によりますと
この場所のうらにある住宅街のなかを少し歩いたところに小さな川が流れてて、カルガモ親子のなかには歩いてその川に移動する親子もいる、とのことです。
生まれたヒナが全員生存して成長するのは無理なのは理解してるけど、それでもどこかで生きていてほしい。そして成長して気が向いたらまたここに戻ってきてほしい。
今シーズンはいろいろと不可解なことありドラマありのカルガモ親子の子育ての様子レポートでした。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カルガモ親子を取り巻く事情の不可解さ

カルガモ親子の子育ての様子のつづき、今回は7月22日に撮影した分からです。

**画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます**

この日カルガモたちがいる池にいってみると、ヒナを連れた新たなカルガモファミリーが1組いました。
しかし、この1組の他には以前からいたカルガモ親子が1組もいません。
いったいどうなっているのか、今年のこの場所のカルガモ親子をとりまく様子がよくわからないことになっています。
この日いた親子よりも以前からいた親子が僕が把握できてるだけでも少なくとも4組はいたはず。
今シーズン一番最初にヒナが生まれた親子のヒナは大きく成長はしてたけど、まだ飛べるまでにはなっていませんでした。
ここカルガモ親子がいる池は車道にさえぎられないかたちで隣接する場所に池が他にもいくつかあります。
今までにも当ブログに今回もふくめ何度も登場してるこの池はカルガモのヒナが生まれて最初に滞在する池です。
例年ですと、ある程度ヒナが成長した親子は隣接する他の池に歩いて移動します。だけど今年は移動した様子がなく
隣接する他の池にはいません。
車道でさえぎられない隣接するいくつかの池とは違うそれ以外の他の場所への移動はまずないと思います。
なぜなら、車道でさえぎられない隣接するいくつかの池の間なら飛べないヒナを連れたカルガモ親子でも徒歩で移動できますが、
その外側は宇都宮でも有数の交通量のある道路でして、とてもなじゃいけどカルガモ親子が横断して他の場所への移動はまず無理です。

ヒナが何羽か命を落としてしまうのは普通にあることですが、現時点でいちばん最後にヒナが生まれた親子は残ってて
それ以前からいたある程度成長したヒナがいる親子はすべて消えた。少なくとも4組はいたほかの親子はどこへ行ってしまったのか。

そしてこの日いたたった1組のカルガモ親子はヒナ13羽の大家族なのですが、ヒナ達を見てたら不思議なことに気付きました。
何が不思議なのかと言いますと、まずはちょっと写真を
DSC_7188.jpg


DSC_7193.jpg
上の2枚の写真を見ていただくとわかるかと思いますが、同じファミリーの兄妹のはずのヒナが大きさがぜんぜん違うのです。
1枚目の写真では先頭を歩く1羽とその後をついて歩く2羽ではあきらかに後ろの2羽は小さく、
2枚目の写真は小さい2羽が先頭を行く1羽を追い抜いた写真なのですが、この写真では先頭を歩くの2羽とその後ろを歩く2羽では
ぜんぜん大きさが違うし体型、頭身もかなり違います。
ほぼ同時期に卵からかえるカルガモの同じ兄妹でここまでの体格差がはたしてあるものなのか。

この13羽のヒナたち、まだ生まれたばかりのように見える小さいヒナが3羽、そしてある程度成長した大きなヒナが10羽います。
大きさは同じ兄妹に見えないほどの違いがあっても1羽の親ガモに連れられてこの13羽ヒナたちは仲良くいっしょに行動しています。
そのなかでも小さいヒナ3羽は特に仲が良いようで小さいヒナ3羽がかたまって行動してることが多いです。

これを見て僕は思ったのですが、この13羽のヒナの兄妹、じつはひとつの同じ兄妹とは違うのではないかと。
カルガモ界でこのようなことがあるのかどうかわかりませんが、なんらかの事情で親鳥と離ればなれになってしまったヒナを
この13兄妹の親ガモが引き取って自分の子供たちと同じように育ててるのではないかと。
もしそうだとしたらこれ泣ける話ですよね。人間ですら自分の子供を虐待する親がいるっつうのに、
このカルガモお母さんはなんて素晴らしい母カモなのでしょう とね。


DSC_7218.jpg


道草くいはじめたヒナたち
DSC_7225.jpg


池のフチを競争するヒナたち→道草くってるヒナたち→親カモに呼ばれて池に戻るヒナたちの様子を動画で撮ってみました。

ニコンの一眼レフ機は動画撮影時のAFがかなりもっさりしてるのでピント合わせに苦労してる感ありありなところは大目に見ていただけたら幸いです

撮影カメラ&レンズ Nikon D500 & Nikon DX55-300mm VR


8月15日 追記  
カルガモ情報を教えてくださった方、ありがとうございます。
生存した幼鳥と思われる1羽をきのう大きい池のほうで見かけました。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カルガモ親子 ハシボソガラス親子

カルガモ親子とハシボソガラス親子の子育ての様子のつづき、今回は6/28~7/3 撮影分からです。

**画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます**

この日もまた新たに生まれたばかりと思われる小さなカルガモのヒナ達がいました。
もう何組目の親子のヒナなのかぜんぜん把握できなくなりました。
DSC_6157.jpg
ヒナ4羽いるのですが、このヒナ達の親鳥が近くに見当たりません。
ここによく来る常連っぽい人に聞いてもこの4羽は親が朝早い時間からすでにいなくてヒナたちだけで行動してたそうです。
守ってくれるはずの親鳥がいないので、この4羽のヒナたちちょっと元気がなく池のすみっこのほうであまり動きません。


すでに大きく成長してる他のファミリーのヒナ、というより幼鳥からも小さいヒナ達いじめられてます、、
DSC_6202.jpg


DSC_6194.jpg
移動して噴水の上で休む小さなヒナたち。  あれ?いつの間にか1羽へってる。


他のファミリーの幼鳥から逃げてるうちに1羽だけはぐれてしまったようです。
DSC_6208.jpg


DSC_6379.jpg
はぐれてしまった1羽も他の成鳥のカモにちょっかいだされて逃げまどってます。
逃げてるとき以外はじっとしててほとんど動かない、、あの小さい4羽のヒナはもうダメかも、という声もギャラリーから出ています。
うーん、、、このヒナ4兄妹の親ガモ戻ってきてあげて。このままじゃこの4兄妹かわいそう。
それとも、親ガモの身に何かあったのでしょうか?


こっちはこの場所でいちばん最初にヒナが生まれたファミリー。一ヶ月ちょっとでこんなに大きくなりました。
DSC_6385.jpg



そして同じ場所で子育て中の、ほのぼのハシボソガラス親子 (左端が子カラス)
DSC_6423.jpg


DSC_6421.jpg


DSC_6440.jpg
親鳥がクチバシに何かくわえてると、何でもいいからねだる子カラス。親鳥がくわえてるのただの落ちてた葉っぱですよ


DSC_6444.jpg
ねだりまくり

撮影カメラ&レンズ Nikon D500 & Nikon DX55-300mm VR

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カルガモ親子とハシボソガラス親子 飛べるようになった子カラス

カルガモ親子とハシボソガラス親子の子育ての様子、今回は先月21日に撮影した分からです。

**画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます**

カルガモ親子、この場所で今期いちばん最初にヒナが生まれた親子のヒナはここまで大きくなってます。
DSC_6069.jpg


DSC_6072.jpg
今まで母カモだけでなく父カモもいっしょに子育てしてて、これまでヒナが1羽も減らずに成長してきたこの家族でしたが、
ここにきて残念なことに1羽減ってしまったようです。
ここまで大きく成長してたからもう大丈夫だろうと思ってたのですが、、


上記の最初にヒナが生まれた親子以外はいつのまにかいなくなったり現れたりともうどれがどの親子だか把握出来なくなりました。

こっちの親子も何番目にヒナが生まれたかファミリーなのかちょっとわからず。
このファミリーのヒナはまだ小さくて自力で岸に上がれないので、心優しい人がヒナのために木の板のスロープを用意してくれました。
DSC_6076.jpg


DSC_5991.jpg



カルガモ親子が子育てしてる場所と同じ場所にいるハシボソガラス親子の子カラス。
この子カラス前回来た時はまだ飛べなかったのに、今回はついに飛べるようになっていて親カラスのあとをついて飛び回ってました。
DSC_6013.jpg


DSC_6017.jpg


飛べるので高い屋根の上にも行けます。飛び回る子カラスを見てたら何故か僕のほうが嬉しくなってしまいました
DSC_6030.jpg


飛べるようになっても親にエサをねだっています
DSC_6031.jpg

撮影カメラ&レンズ Nikon D500 & Nikon DX55-300mm VR

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

蓮池

数日前の下野新聞WEBの記事にて宇都宮市内の調整池にハスが咲いてると知り早速いってきました。

**画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます**

宇都宮に戻ってすぐの頃、この場所のすぐ近くで一時期働いてたことあったのですが、すぐ近くにこんな場所が
あるなんて今までぜんぜん知りませんでした。
DSC_6580.jpg


DSC_6622.jpg


DSC_6593.jpg


DSC_6623.jpg


蓮池にはカルガモ親子もいました。
DSC_6597.jpg


DSC_6615.jpg
ハスのある池というのはカルガモ親子にとっては天敵から身を隠すのには良いのかもしれませんね。


DSC_6635.jpg
池を広角側で撮った写真ですが、見てのとおり池の規模はそんなに大きくはないです。池の周りにはフェンスがあるため
ハスを至近距離から撮ることは出来ないし、フェンスの外側からの撮影になると角度にも制限があり
どうしてもハスを見下ろす形の撮影になります。
撮影するうえで制限があるにはあるけどこれはこれで仕方ないので割り切って撮るしかないわけです。
しかし、撮影中に声をかけてきた近所の住民っぽい人に聞いた話では、僕がここに来るよりも前の時間には
フェンスを乗り越えて中に入って撮影してたカメラマンがいたそうです。
自分が求める写真を撮るためなら手段を選ばないクズカメラマンってのはどこにでも現れますね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

カルガモ親子 カラス親子

カルガモ親子とハシボソガラス親子の子育ての様子、その続きです。
いっぱい写真は撮ってるもののブログ掲載が間に合わず今回のは6/16撮影分からです。
この日のこの場所やたら混んでいて駐車場に入れるのも一苦労。
カルガモ親子フィーバー炸裂か? と思ったらカルガモ親子フィーバー炸裂度は2割くらいで、
歩いてる人達のほとんどはスマホ画面見ながら歩き回ってます。
スマホ画面見ながら歩いてた人に「今日ここで何かあるんですか?」と聞いてみたところ、
ポケモンGOやってるのだそうです。なるほどそういうことでしたか。
ポケモンGOで思い出したのですが、以前ここではない場所で鳥撮りしてた時に、
ポケモンGOやってる人が近づいてきてこう言われたことがあります。
「野鳥撮影とポケモンGOってやってることはけっこう似てますよね」 と。
はじめは そうだろうか?と思ったものの、よくよく考えると確かに似てる部分はあると思う。
特に他の人からの情報を頼りに人気の鳥や珍鳥を求めてあっちにこっちに
というタイプの野鳥カメラマンのやってることはポケモンGOとやってること変わらないと思いますね。
(↑他人からの情報頼りの野鳥カメラマンへの皮肉入ってます

**画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます**

この池で一番最初に生まれた家族のヒナ達はこんなに大きくなってます
DSC_5707.jpg
小さいころは6羽みんなで乗っても広々してた噴水の上が、ヒナ達が大きくなってきたので狭くなってしまいました。


DSC_5661.jpg
散歩に来てる人達からエサをもらってる親子。


DSC_5660.jpg
エサを食べてるヒナたちの中に1羽だけ他のヒナよりも小さいヒナがいます(写真うえのほう)
この小さいヒナは他の親子のヒナで、エサがほしくてまぎれこんでしまったようです。
この直後に大きなヒナたちの親鳥(ここで一番最初にヒナが生まれた親子の親鳥)に小さなヒナは追い払われてしまいました。


DSC_5672.jpg
追い払われてしまったまだ生まれたばかりと思われる小さなヒナ。
この小さなヒナの家族は兄妹もバラバラにばらけて行動してるし親もちゃんとヒナ達のそばにいないんですよね。


それに対してここで一番最初にヒナが生まれた親子はヒナたちもまとまって行動してるし親鳥も母カモ父カモ両方が
ヒナたちのそばにいつもいっしょにいます。
そのためかこの時点でもヒナが1羽も減らず成長してます
DSC_5645.jpg



6月21日の「カルガモ親子 カラス親子」の記事でも登場したハシボソガラスの子。この日も同じ場所にいました。
DSC_5810.jpg
この日の時点ではまだ飛べないようですが、このくらいの高さのフェンスならジャンプして飛び乗れます。
これ僕のほうから近づいて撮ったわけじゃなく、子カラスがトコトコとフェンスの下まで歩いてきてフェンスの上に飛び乗りました。
かなり近い距離でこっち見てるのですが、何度か会ってるのでもしかしたら僕のこと覚えてくれたか?


プラスチック製のキャップのような物でドリブルして遊んでます。
DSC_5823.jpg


DSC_5820.jpg


両親といっしょに
DSC_5830.jpg
このハシボソガラス親子は親子そろって穏やかな性格のようで見てて微笑ましいです。
この親子は人間に対する警戒心もあまりないようで近くを人が通ってもぜんぜん平気でして逃げもしないし威嚇したりすることもなく、
かといって人間にエサを求めて近寄ってきたりとかもないのですが。
ヒナを連れた親鳥って神経質になるものなのに、ここのカラス親子もカルガモ親子も人間が近くにいても
リラックスしてるということは、ここで人間から危険な目に遭わされたことがない、人間を脅威と感じてないということなんだと思います。
これはこれでとても良いことだと思うし、そういう環境のこの場所が好きで僕もここにしょっちゅう来てるわけですが、
僕としてはもう少し人間に対する警戒心を持ってほしいなと思います。良い人ばかりじゃないですからね。
この場所ではあまり見ないけど、鳥たちに悪さをするろくでもない人間もいますし。

撮影カメラ&レンズ Nikon D500 & Nikon DX55-300mm VR

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カルガモ親子 カラス親子

最近は撮影した写真をその日うちに帰ってからPCで確認するのがどういうわけか億劫でかったるくて、
撮ってきても何もせずそのまま放置してる写真が多くなってきてます。
撮影してる時は楽しく夢中で撮ってるんですけどね。
そんなわけでカルガモ親子の写真もヒナの成長に僕のほうが追いつかなくなってきました。

**画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます**

6月4日に撮影したものです
前回5月30日の記事で書いたカルガモ親子のヒナ達もだいぶ大きくなってきて3頭身くらいだった体型が5~6頭身くらいになってます
DSC_5296.jpg
すべてのヒナが写真に写ってませんがヒナの数は前回から変わらず6羽がみんな元気に育ってます。

この親子がいる池ではもうひと組のつがいからもヒナが誕生しました。
さらにこの池に隣接する別の池にいるつがいからもヒナが誕生してこの日の時点でここには3組の親子がいます。

3組目のカルガモ親子
DSC_5405.jpg
この親子には5羽のヒナがいます。 


DSC_5364.jpg


DSC_5416.jpg


DSC_5353_20180621015900406.jpg



同じ場所にはハシボソガラスのヒナというか幼鳥がトコトコと歩いてました
DSC_5325.jpg
まだ飛ぶことは出来ないみたいです


親カラスが近くに来るとエサをねだってました
DSC_5428.jpg
ここまでの写真 撮影機材は Nikon D500 & Nikon DX55-300mm VR


うちの近所でもカルガモのヒナが誕生しました
DSC_5161.jpg
さっきの場所のカルガモはわりと人なれしてて近くで撮れるので300mmズームレンズで撮れましたが、
こっちのカルガモはまったく人なれしてなく警戒心が強いので近い距離では撮れず、この写真だけレンズは150-600mmを使用

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

black kite

Author:black kite
2010年からデジカメで写真撮影(ほとんど野鳥)はじめました。
主に栃木県内で撮ってます。

<< 使用カメラ >>
Nikon D7000 D500
Panasonic LUMIX GX7MK2

各記事の画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます

最新記事
タグ

野鳥(猛禽以外) 
宇都宮 
水辺の鳥 
山・川・海・寺社仏閣などの風景 
トビ 
 
カワセミ 
近所のトンビ 
オオタカ 
渡良瀬遊水地 
井頭公園 
チョウゲンボウ 
チュウヒ 
ノスリ 
カルガモ 
乗り物(車・鉄道・船舶など) 
航空機 
ミサゴ 
モズ 
コミミズク 
カルガモ親子 
ハヤブサ 
ベランダ 
ジョウビタキ 
セキレイ類 
野生動物(哺乳類) 
ハイタカ 
オオワシ 
ハイイロチュウヒ 
ツミ 
オオルリ 
スズメ 
カラス 
サシバ 
自然破壊・環境破壊問題 
その他 
ササゴイ 
ルリビタキ 
クマタカ 
エナガ 
キビタキ 
シギ・チドリ類 
ハクチョウ 
シジュウカラ 
カイツブリ 
カメラ関連機材など 
サギ類 
オジロワシ 
 
ツグミ 
コガモ 
コアジサシ 
ヒドリガモ 
シロハラ 
ツバメ 
コサメビタキ 
マガモ 
オナガガモ 
メジロ・ウグイス 
ミコアイサ 
ヤマガラ 
アカゲラ 
ベニマシコ 
コウノトリ 
ニシオジロビタキ 
ゴイサギ 
ビンズイ 
エゾビタキ 
ミヤマホオジロ 
昆虫 
タゲリ 
カワラヒワ 
アトリ 
トラツグミ 
オオバン 
ガビチョウ 
イヌワシ 
カワガラス 
アカハラ 
キジ 

フリーエリア
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スマホ用ブログ QRコード
QR