FC2ブログ

Nikon Z7 いじらせてもらってきました

市内にあるカメラ店で今月末に発売になるNikonのフルサイズミラーレス機 Z7を30~40分ほどいじらせてもらいました。
今まで気になってた部分は今回実機をいじってみてだいたいわかってきました。
ちなみに実機をいじらせてもらう前に
「Z7は買わない。Z6は場合によってはもしかしたら買おうかなという気分になるかもしれません」
と宣言してからいじらせてもらいました。だって買わないのに店員さんに期待もたせちゃ悪いですしね。
そんなこんなで今まで気になってたことで今回だいたいわかったこと、

①AFモード&AFエリア切り替えボタンがこれまでのニコン機にあった場所からZ7&Z6は消えてるけどどうなってる?

これはボタンカスタマイズでファンクションボタンとかに設定できるようになってました。
今回いじらせてもらったZ7は右手の薬指か小指で押せる位置にあるファンクションボタンを押しながら前後のダイヤル操作で
AFモード&AFエリア切り替えを行うようになってました。
キヤノン機みたいにボタンをポンポン連打するだけで切り替え出来るようにはなってないようです。これは残念。
まあでも右手だけでこの操作ができるようになったのは良いことです。
ただ、僕が現在D500で使ってるAFエリア切り替えを意識せずにAFエリア切り替えが出来るカスタマイズ(わかりずらい説明だな)が出来るかどうかは確認するの忘れました。
Z7のボタン配置を見るにたぶん出来るだろうとは思います。


②FマウントアダプターをかましてFマウントレンズを使用した時の挙動。

タムロンのFマウントレンズをZで使うと挙動がおかしくなるらしいですが、店員さんに確認してもやっぱりタムロンのレンズ使用は
きびしいものがある、とのことです。
そこで気になるのが、ニコン純正レンズよりシグマのレンズのほうを多く持ってる僕としてはシグマのFマウント用レンズはZでは動くのか?ダメなのか?
試したのはシグマ150-600とシグマ18-250(たまたま車の中に入れてあったMyレンズ)です。
結論から言いますと、普通に動きます。静物撮影ならまったく問題なくいけます。
AF-Cによる動体撮影は店の前の道路を走ってる車を撮影したところ予想以上に追従してるのでちょっと驚きました。
ニコン純正レンズじゃなくシグマのレンズですよ。確かに歩留まり100%ってわけにはいかないですが予想以上でした。

タムロンのレンズがダメでシグマのレンズが意外にも普通に使えるのって僕は不思議に思うのですよね。
なぜなら、タムロンはニコン純正レンズのいくつかをOEM生産を請け負ってたりするのでFマウントの仕様をニコンから
ちゃんと教わってると思うのです、対してシグマはニコンと裁判沙汰にもなったりしてこの2社の関係は良くはないはずで
シグマはFマウントの仕様を独自解析を行ってFマウント用レンズを製造してるわけです。
この独自解析が完全ではないようで、実際今日持っていったMyレンズ18-250はD500で使ってもD7000で使っても
手ぶれ補正機能(OS)が設定時間よりも長時間作動しっぱなしになってしまうのでバッテリー持ちが非常に悪くなるということが起きます。
この件はずっと前にシグマのサポートセンターに「これはなんとかならないんですか?」と問い合わせしたことあります。
この件はファームウェアの更新でもどうにもならないそうです。ちなみに現在発売されてるA,S、Cの3ライン分けされたレンズはこの現象起らないです。
というわけで、なんでFマウントの仕様をニコンからちゃんと伝えられてるはずのタムロンのレンズがダメでシグマのレンズが動くのかは謎ですね。

AF-Cの追従性は上に書いたように店の前の道路を走ってる車なら撮れるものの、野鳥の飛翔はどうなのかは分かりません。
ハトでも飛んでてくれたら試せたのですが。
ただ、AF-Cの追従性がどうこう以前に野鳥の飛翔はちょっと難しいのではないかなと思いました。
それは次の項目で。


③ファインダーの見え具合

静物撮影ならなんの問題もないだろうと思われます。EVFにありがちなギラギラした感じもなくいたってナチュラルな色合い見え具合なんですよね。
ちょっとこれはなあ、、と思ったのが連写時の表示。
ソニーのα7III、α7RIIIの連写時のファインダー表示なら野鳥の飛翔でも追える、追えそう。その前の世代のα7II、α7RIIは
野鳥の飛翔を追うのは辛そう、自分は無理。
Z7はソニーα7の第2世代と第3世代機のあいだ位といった感じでしょうか。カクカクのコマ送り状態、パラパラまんが状態です。
店員さんにこのファンンダー表示のカクカクコマ送りは設定で改善できないんですか?と聞いたところ、これが最高に表示レスポンスを速くした状態とのことです。
某クチコミ掲示板で騒がれてたブラックアウト、あれは設定で回避するようには当然してあります。

自動車みたいに動く方向と速度がほとんど予測できるような被写体なら撮れるとは思いますし、野鳥でもハクチョウとか
シラサギ、アオサギあたりの飛翔ならなんとか撮れるとは思いますが、

こんなのとか、
DSC_0185.jpg

こんなのとか、
DSC_0581.jpg

こんなのとかは、
IMGP7835_2018092019332214e.jpg

AF-Cが追従するかしないか以前に、あのコマ送り状態のファインダーじゃ捉え続けられず見失ってしまいそうです。
Z7で今まで使ってたレフ機で撮った上の写真と同じように撮れるかというと、少なくとも僕には無理と思います。
Zを使って野鳥の飛翔を撮る時はファインダーは見ないで照準器を使う?

今回試したのがFマウントアダプターをかましてのシグマのレンズ使用でしたので、これがニコン純正Fマウントレンズ、
純正Zマウントレンズを使えばAF-Cの追従性能が上がる可能性はありますが、ファインダー表示のカクつきは
純正レンズもシグマレンズも変わらないと思うんですよね。


というわけでして、今回Z7いじらせてもらっての感想を書いてみました。
野鳥の飛翔とかのシビアな動きモノじゃなければFマウントアダプターかましてのFマウント使用でも普通に使えると思いますZ7。
しかも今回ためしたのが純正でなくシグマのレンズですから。なぜかシグマのレンズでの動作を確認したら満足してしまい純正Fマウントレンズを試さずに帰ってしまったのですが。
ちょっと笑えたのが、最初AFの設定がよくわからないままファインダーのぞいてAF作動させたらなぜか狙ってないのに
店内に飾ってあったハロウィンかぼちゃにピントがあっってしまい、なんだコレ?と思ったら顔認識AFがハロウィンかぼちゃに反応してました。
今月末にはZ7発売されるので実際に購入した人達のレビューも見れることかと思います。
ちなみに店員さんの話によるとZ7いま予約しても年内に手に入るかどうかわからないとか、、、ホントかな。ちょっと眉唾

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。レポート有難うございます。
何となくイメージは湧きました。
お値段がするので私は買えませんが、お金あっても買うかと言ったらどうかな・・
とやはり思いました。
だったらオリンパスの方が良いような気がします、手にしていないけど。
フルサイズ、必要なのかしら??
誰をターゲットにしたカメラなのか。
ニコ1持っている身としては、正直もう低価格路線は無いのだと思うと残念です。
ミラーレスは暫く様子見だと感じました。

Re: No title

サラームさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
最近のソニーαシリーズの勢いがすごくて、ニコンやキヤノンにしてもこのままにしていてはマズいということで
この時期に2大カメラメーカーがほぼ同じ時期にフルサイズミラーレス投入の発表がありパっと見は盛り上がってるように見えるんですよね。
10年前のデジタル一眼が売れていた時期と違って最近は数が売れないので、ミラーレスの主力商品もAPS-Cではなく単価の高い
フルサイズ機で、という流れにメーカーは持っていきたいのではないかなと思います。特にD600を発売してからのニコンは
明らかに軸足をフルサイズに移してなんとかして客をそっちに誘導しようとしてるように感じました。
ニコンとしてはホントはAPS-C機のD500なんかは発売したくはなかったんじゃないかなと思いますね。D300sの後継機の待望論が強かったから仕方なしに出したんじゃないでしょうか。

私もZ7はブログ記事本文に書いたようにいらないです。なにせ高いしe-351
Z6は発売されてしばらくして現在のD750くらいの値段になったら、野鳥撮影に行った時のメイン機D500のサブカメラとして風景用&動画撮影用に買うのもありかなと考えてます。

プロフィール

black kite

Author:black kite
2010年からデジカメで写真撮影(ほとんど野鳥)はじめました。
主に栃木県内で撮ってます。

<< 使用カメラ >>
Nikon 
 D7000
 D500
Panasonic
 LUMIX GX7MK2
 LUMIX G9

各記事の画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます

最新記事
タグ

野鳥(猛禽以外) 
宇都宮 
水辺の鳥 
山・川・海・寺社仏閣などの風景 
トビ 
 
カワセミ 
近所のトンビ 
オオタカ 
渡良瀬遊水地 
井頭公園 
チョウゲンボウ 
チュウヒ 
カルガモ 
ノスリ 
乗り物(車・鉄道・船舶など) 
ミサゴ 
航空機 
カルガモ親子 
モズ 
ジョウビタキ 
コミミズク 
セキレイ類 
ベランダ 
ツミ 
ハヤブサ 
ハイタカ 
野生動物(哺乳類) 
スズメ 
ハクチョウ 
ハイイロチュウヒ 
オオルリ 
オオワシ 
キビタキ 
ルリビタキ 
カラス 
カメラ関連機材など 
その他 
自然破壊・環境破壊問題 
サシバ 
シジュウカラ 
ササゴイ 
エナガ 
カイツブリ 
クマタカ 
シギ・チドリ類 
サギ類 
コアジサシ 
 
ミコアイサ 
オジロワシ 
ツグミ 
コガモ 
ヒドリガモ 
ツバメ 
コサメビタキ 
コウノトリ 
マガモ 
シロハラ 
ヤマガラ 
アカゲラ 
オナガガモ 
メジロ・ウグイス 
ベニマシコ 
ニシオジロビタキ 
タゲリ 
エゾビタキ 
ミヤマホオジロ 
ビンズイ 
アマツバメ 
ハジロカイツブリ 
アカハラ 
ゴイサギ 
昆虫 
動画 
カワガラス 
アトリ 
トラツグミ 
オオバン 
キジ 
カワラヒワ 
ガビチョウ 
イヌワシ 

フリーエリア
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スマホ用ブログ QRコード
QR